猫 歌詞 意味。 北村匠海dish// 『猫』歌詞の意味は?あいみょん作詞で泣けると話題!

意味 猫 歌詞

⚒ 「さとし示すこと」って出てきます。 君がいない明日がどんな世界になってしまうのかを恐れる僕は、 いっそ夕焼けに飲み込まれてしまうことを望んでいます。

意味 猫 歌詞

🐲 灯りを消したまま話を続けたら の向こう側で星が消えた 『星が消えた』はそのまま死の暗示。 清々しいほどの自信、そして 未来へ進もうとする勢いを感じますね。

19
意味 猫 歌詞

😅 この『 ウザいほど来る』って表現、いまどきだなぁと思います。 あと、光の粒がサーチライトになり、光の大きさが大きくなっているので、自分(ここでは髭男かな?)が前進している様子がうかがえます。

8
意味 猫 歌詞

☕ ちなみに二人の別れは完全なものなのか、物理的に分かれる(遠距離恋愛になる)ことになったのか、そもそも恋人関係だったのか、恋人未満の関係だったのか、、、その真相は草野さんにしか分かりませんし、聴き手次第で柔軟に変化するものだと思いますので、関係性に関しては記事内で言及するのは避けておこうと思います。

12
意味 猫 歌詞

🖕 (難しいです…) 絶えず響いていた声、これは髭男のバンド活動のことだと、勝手に決めつけました笑 そして、サーチライト、また光の比喩です。

18
意味 猫 歌詞

🙏 特に 「繰り返し」と「対比」に溢れている。 歌を歌ってるというよりは、いつも言葉を喋ってる感覚にさせてくれるなって思ってます。

9
意味 猫 歌詞

☝ 「意地悪少し笑顔は多めに」という歌詞は、二人で喜怒哀楽を共有してきたことを、 「汚れちまいそうな白いシャツ着て」という歌詞は、目一杯はしゃぎ合ってきた情景を、それぞれ連想させます。 とても良い曲なのでぜひ聞いてみてくださいね! 北村匠海『猫』の歌詞は?『キミスイ』をイメージして作詞。 彼女は、自由奔放に暮らす「猫」だったんだと言い聞かしながら、 気まぐれでもいいから帰ってきてほしいと願う切ない恋心を描いた歌詞ではないかと思います。