宇 随 天元 名言。 音柱・宇髄天元(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

随 名言 宇 天元

⌛ 天元は「お前上弦の鬼じゃねえだろ 弱すぎんだよ」「俺が探っていたのはお前じゃない」と言います。 弟は父親と同じような性格、言動をしており、部下を駒として使い、妻は後継ぎを産むための道具としてしか見ていませんでした。

9
随 名言 宇 天元

☘ 炭治郎は禰豆子とともに上弦の鬼である堕姫と渡り合い、次第に天元の信頼を得ていくのでした。 宇髄の妻思いな性格と、全ての命を守ることが、いかに難しいかを理解している台詞です。 一族の衰退を恐れた宇随の父親は、何かに憑りつかれたかのように二人に厳しい訓練をさせます。

随 名言 宇 天元

😩 柱としては何よりも鬼を滅することに専念するべきですが、天元は任務よりも命を重視しています。 言葉にすることは出来ませんでしたが、アオイを助けたいという気持ちは十分に伝わってきますね。

15
随 名言 宇 天元

😅 妓夫太郎と対峙した宇髄 妓夫太郎は堕姫よりも格段に強く、宇髄に容易に一太刀を浴びせる。 こちらも予備動作なしで繰り出し、飛び血鎌を相殺しているので、威力や範囲は似ているような技なのでしょう。

2
随 名言 宇 天元

✆ 炭治郎は渾身の力を振り絞って妓夫太郎の頸を落とした。 自己紹介の代わりにキメポーズを決めてでたセリフですが、炭治郎には突っ込むどころか真剣に質問され、伊之助に関してはじゃあ俺は山の神だと同調してしまいます。

随 名言 宇 天元

👍 妬ましいなぁ。 元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。 僕らの認識通り、忍として陰に隠れ地味に生きて、そこから抜けた時に不満が爆発して派手になったそうです。

17
随 名言 宇 天元

😇 怪しいお店として三つに絞っていた天元は、それぞれのお店「ときと屋」「萩本屋」「京極屋」の三店に炭治郎、伊之助、善逸を潜入させます。 鬼殺隊である冨岡 義勇に助けられた炭治郎は禰󠄀豆子を人間に戻すための旅に出るのでした。 宇髄は忍であった故に毒への耐性を持っていたが、徐々に毒に侵されていた。

13
随 名言 宇 天元

☕ 優先順位は、3人の嫁>堅気の人間>自分という順位。 忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。 宇随の二刀流は桁違いの威力であり、爆発を起こします。