竹 取 物語 現代 語 訳。 『竹取物語』の原文・現代語訳1

物語 語 取 竹 訳 現代

🙄 屋敷の執事や家臣たちが、みんなで力を合わせて皇子の行方を探したのだが、深山で亡くなられてしまったのだろうか、遂に皇子の姿を見つけ出すことは出来なかった。

16
物語 語 取 竹 訳 現代

🤐 燕が子を産もうとしている時に綱を引き上げさせて、さっと素早く子安貝を取らせるのが良い取り方ですよ。 意味は「しだいに」。 『竹取物語』は作者不詳であり成立年代も不明です。

3
物語 語 取 竹 訳 現代

👌 「べし」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 21 かたち 名詞。

11
物語 語 取 竹 訳 現代

📞 』と思い悩んでいると、あの食糧を管理する役所の下役人である倉津麻呂という老人が、『子安貝を取りたいと思っておられるのであれば、取り方をお教えしましょう。 名前を讃岐造と言います。 これを賜ひて、悪しき家子(けこ)に賜はせむ』といひて捧げたり。

8
物語 語 取 竹 訳 現代

🤭 「なよ竹のかぐや姫」重要な品詞と語句の解説 語句【注】 品詞と意味 1 ありけり ラ変動詞「あり」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形。

物語 語 取 竹 訳 現代

😗 三ヶ月ほどするうちに、人並みの背丈に成長したので、髪上げの祝いなどあれこれ手配し、髪を結い上げさせ、裳を着せて成人式をしました。 「けるは係助詞「なむ」に呼応している。

2
物語 語 取 竹 訳 現代

🤞 11 なる 断定の助動詞「なり」の連体形。 御使ひに竹取出で会ひて、泣くこと限りなし。 飛ぶ車一つ具(ぐ)したり。

4
物語 語 取 竹 訳 現代

🙄 スポンサーリンク [古文・原文] かの愁訴(うれへ)せし工匠(たくみ)をば、かぐや姫呼びすゑて、『うれしき人どもなり』と言ひて、禄いと多く取らせ給ふ。 [現代語訳] 竹取のお爺さんが竹を取る時に、この子を見つけてから後は、竹の節と節の間ごとに黄金の詰まっている竹を見つけることが続きました。 『内匠寮の技官をしている漢部内麻呂が申し上げます。

3