アブソリュート モデスト。 Re:ゼロから始めるローテAFネメシス【FoHアディショナル編】|La+|note

モデスト アブソリュート

😄 序盤はPPを無駄なく使用してボード形成とAFの種類稼ぎをし、進化ターンになったらできるだけ早くモデストに進化を使うというのは言うまでもないが、相手の進化ターン以降一気にフォロワーへの除去能力が上がるのでここでこちらのボードをきれいに掃除されると向こうにリノセウスバウンスの機会を与えてしまう。

6
モデスト アブソリュート

☝ 環境にいるデッキタイプが多く存在するのも加味するとこの戦えるレンジが広いというのは大きな魅力で多くの対面でハンデを背負うことなく戦うことができる。 〈ヴォイドリアライズ〉へのアクセスはこのデッキの要で、進化権を要求するフォロワーが少ないこの構築ではこのカードに進化を切りやすく、また後述の〈天覇風神・フェイラン〉のバフ効果等で〈ヴォイドリアライズ〉にアクセスしやすくなっています。 進化時のリーダー付与能力については、アナライズとエンシェントだけなら2点、ミスティックやレディアントを加えると3~4点、トレースアーティファクトや攻撃型&防御型ゴーレムを加えると最大打点はもっと上がります。

19
モデスト アブソリュート

♥ 構築 各カードについては前回分と合わせて全て解説してるので今回は前回からの変化についてのみ解説しています。 あちらのデッキと違う点は一度に20点を出すのは困難である代わりに序盤に小型フォロワーを並べながらバーンカードと組み合わせたアグロせんじゅつを取れる点が挙げられる。

3
モデスト アブソリュート

😛 また、現在ローテーションで破壊可能なアーティファクト・カードは8種類あるが、中にはやなど扱いづらいカードも多く、最大ダメージを狙うのは現実的でないため、メインコンセプトに定めるのは厳しそうだ。 要は「 5ターン目に《異物の番人・ルチル》を進化するのは悪手になることが多い」ということである。

14
モデスト アブソリュート

💅 また今回はレート杯やプロリーグ参加者などの一部のプレイヤー以外は競技的に打ち込む大きな目的が存在しない(所謂オフシーズン)ので全文無料にて公開します。 運命への反逆 機構の解放がローテ落ちしたのが非常に残念。 コストが1上がったとはいえ、依然として受けのカードとしてのパワーは最高峰です。

20
モデスト アブソリュート

🤜 進化ロイヤルはAFネメシスに対しては不利(ナーフによって相性がやや改善しました)ですが、その他のデッキには微不利~微有利程度に収まっているという印象で、一方AFネメシスは守護ビショップには明確に不利で、その他のデッキには五分~有利といった印象でした。

15