やる夫 と 学ぶ 野村 克也。 やる夫と学ぶ野村克也

野村 克也 と 学ぶ やる夫

📲 捕手というポジションで野球を突き詰めて考えていた野村は、以前からブレイザーの野球への知識に感銘を受け、共感できる部分が多いと思っていた。

野村 克也 と 学ぶ やる夫

😇 これが後のの原型である。 かつては自軍の選手が本塁打を打ってもベンチに座ったまま出てこようとはしなかったが、ベンチから出て選手をで出迎えるようになった。

9
野村 克也 と 学ぶ やる夫

💢 この頃は現役生活も晩年に差し掛かって肩が衰えており、それを補うために考え出した策である。

19
野村 克也 と 学ぶ やる夫

😋 1977年の 第2戦でも先制打を放ち、42歳にして2度目のMVPを手にしている。

12
野村 克也 と 学ぶ やる夫

🤟 16日に開幕したCS第1ステージではソフトバンクに2連勝し第2ステージ進出を決めたが、21日開幕の第2ステージでは日本ハムに1勝4敗を喫し、日本シリーズ出場はならず。 シーズン当初は出場機会が無く、代打での初打席は三振、結局、一年目は9試合で11打数無安打だった。

2
野村 克也 と 学ぶ やる夫

😚 野村自身もそれを受諾し、2009年も引き続き楽天を指揮することになったが、と をFAで獲得 が退団。 二軍の選手も数字がついてくる。 野村は1965年に戦後初の三冠王を獲得したが、野村自身は「あの年(1965年)は、(首位打者争いの常連の)榎本喜八との調子が良くなくて俺は3割2分で首位打者を獲れた。

1
野村 克也 と 学ぶ やる夫

😝 と主張するようになった。

20