ダーク ソウル 3 考察。 【ダークソウル考察】五行思想で考察したら、<ロザリアの指>が特定できたかもしれない説~1~

ソウル 考察 ダーク 3

🤲 故郷を追われた不死人は火継ぎの地へと辿り着き、篝火が故郷になる 2. 強い魔力の盾• 火継ぎの王になることもなく、亡者の王になることもない。 この白い木はロスリック各地に存在し、木の付近では「幼い白枝」を拾うことができます。

9
ソウル 考察 ダーク 3

👎 デーモンのと結晶の古老はどちらも、球体をその腕に抱えており、顔は嘴のような特徴的な形状をしています。

15
ソウル 考察 ダーク 3

👐 とにかく理力に特化し、魔法の威力を極限まで高めていくことで、やられる前にやる戦法を実現する。 威力が高く、溶岩によるダメージも与えられる強力な呪術• 珍しい打撃属性の特大剣。 人はどうなっていくのかという話。

4
ソウル 考察 ダーク 3

🤘 追放者—ルドレス 深淵の監視者—ファランの不死隊 人喰らい—エルドリッチ 孤独な巨人—ヨーム 血統の末—ロスリック王 薪の王たちが再びその力と身を火に焚べることで世界の均衡は保たれる。 実際、説明しにくい現象はすべてバグやご都合主義で説明できてしまう 銀蛇はプログラム的なバグだし、DLC2にパッチや土の塔がでるのも開発の都合、オスロエスの存在が秘匿されているのは、そのシナリオを自重したからで、その他さまざまな疑問点は納期のデーモンにやられたのだ、と きっとそれが正しいのだろう まあいいや• では 薬指・中指・人差し指・親指・小指それぞれに、木火土金水の五行が当てはまると説明した。 攻略、対人ともに有用• ひとまず結論:グルーはデーモンの言語とヒトの言語を理解できる。

10
ソウル 考察 ダーク 3

👋 ダークソウルの本質が見えたDLC 物語としては枝葉に位置するが、その内容は『ダークソウル』の理解を助けてくれる代物だった。 この団の一人、ハーフライトが記録上最後の教会の槍となりました。

ソウル 考察 ダーク 3

🤞 また、不死教会にあるエレベーターを見てみると、アノール・ロンドにもある紋章を見つけることができます。

14
ソウル 考察 ダーク 3

♥ 火の最後を看取るのも、また私の役目です …貴方に頂いた瞳が、そう教えてくれましたから <火継ぎの終わりENDより> あるいは 篝火の火を消すのは、それの化身である火防女(ファイアキーパー)の役割りであるのかもしれません 2・螺旋剣が朽ちる 篝火が火継ぎのために空間と時間を留めていたのなら、それも必要ありません 役目を終えて 螺旋剣は朽ちるのでしょう そうなれば時の淀みは解消され、空間には時間が流れます おそらく留めていた分だけの時間が一気に流れます 何百年単位のです 3・ 過去は消え去る この地には、かの国以前にも、多くの国が存在しておったらしい 国は栄え、しかしいずれ衰えていく あたかも火の燃えあがり、消えるが如く 繰り返し繰り返し しかしの、消えかけた火はやがて蘇るのよ そして再び国が栄える、その姿を変えながら 全ては呪いよ! ヒェヒェヒェ! オヌシの如き呪われ人こそが、火を引き受けるのよ ヒェヒェヒェ… <オラフィスのストレイドの台詞より> そして新たな生者たちがやって来て、火継ぎの地に新たな文明を作るのです 火継ぎが成し遂げられれば、篝火の役目も、篝火が繋いだ過去も、其処に囚われた不死人もすべて消え去る 誰かの火継ぎの裏では、こういったことが起こっているのではないでしょうか 起こっていないんでしょうか? でもたぶんそんなようなもんです 重要なのは、過去は消滅していなかったということです 彼らの故郷が流れ着く場所、ロスリックに <火防女の台詞より> …ここは、あらゆる呪いが流れ着く地だ <クールラントのルドレスの台詞より> あらゆる呪いも、人も、利器も、故郷も それがロスリックには存在しています つまり 過去は未来へと流れ着いたということです 篝火はお互い分かち難く繋がっており たとえ役目を終えた破片であっても その繋がりはずっと残るのだろう <螺旋剣の欠片より> 篝火たちは繋がっています 役目を終えても螺旋の剣が引き合うのなら、 灰は残り火を求めて転送をおこなえるということです そして、篝火とは縛るものです 灰は篝火の一部であり 篝火は空間を制御するものであるなら 灰の転送は、空間そのものを運んだのではないでしょうか 不死は篝火へと還り、灰はかつて焦がれた始まりの火へと惹かれる それが、故郷が流れ着くということです 篝火の火が消えた時 篝火と同化した不死人と最初の火の残り火の間に 引力が発生し 未来を目掛けて 過去がやってくる 時をかける篝さんなのです [流れ] 1. ダークソードには劣るが筋力向け武器として二番目に火力が出る。