春 牧 小説。 春牧(OL) (はるまき)とは【ピクシブ百科事典】

牧 小説 春

🤟 彼が俺の唇をふさいだからだ。 それで初めて完成する作品となっております。 しかも、それを「つくりすぎたから」って言いながら、どう考えてもあらかじめ2人分つくっているところが、ますます健気。

9
牧 小説 春

😆 1人では料理・洗濯はおろか、光熱費の払い方も分からない、ぽんこつダメ男。 その腕の力強さとあたたかさに、俺は安心して身をゆだね、 目を閉じたらまた新しい涙が頬をすべって行った。

20
牧 小説 春

🤑 33歳にして独身。

13
牧 小説 春

⚠ しかし、牧春と春牧では二人の関係性が全く違います。

19
牧 小説 春

🐾 彼はもう帰るところがないのですから。

2
牧 小説 春

☎ 俺は、驚きで目を見開く。

7